2010年05月14日

B型肝炎訴訟で首相ら、和解協議入り確認(読売新聞)

 鳩山首相は9日、菅財務相、仙谷国家戦略相、長妻厚生労働相らと首相公邸でB型肝炎訴訟への対応を協議し、札幌・福岡両地裁の和解勧告を受け入れて患者ら原告側と和解協議に入る方針を確認した。

 札幌地裁で次回口頭弁論が行われる14日に、政府の対応を正式表明する見通しだ。原告側も和解勧告に応じる方針をすでに決めているが、国と原告双方の主張には隔たりがあり、最終的に和解に至るかどうかは不透明だ。

 仙谷氏は協議後、記者団に、「14日に向けてどう対処するか協議した。もう少し詰めないといけない問題が多々ある」と語った。

滑走路にこすり傷=米デルタ機が接触か−成田空港(時事通信)
小沢氏、不気味な沈黙 党内反対勢力と“全面対決”も(産経新聞)
耳かき店員殺人事件 被告を精神鑑定へ(産経新聞)
「としまえん」で遊具から生徒転落 「怖くて二度と乗れない」(産経新聞)
<パロマ中毒死>11日判決 遺族「安全対策の不備認めて」(毎日新聞)
posted by カラサワ ケイジ at 12:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。