2010年02月01日

<名張毒ぶどう酒事件>死刑囚側が反論の意見書を提出(毎日新聞)

 三重県名張市で1961年、農薬入りのぶどう酒を飲んで女性5人が死亡した「名張毒ぶどう酒事件」で、再審開始決定の取り消しを不服として最高裁に特別抗告している奥西勝死刑囚(84)の弁護団は29日、最高裁に最終弁論に当たる意見書を提出した。

 意見書では、検察側が09年10月に最高裁に提出した答弁書に対する反論をまとめた。奥西死刑囚が犯行に使ったと自白した農薬の性質上、現場のぶどう酒から検出されるはずの物質が検出されなかったことについて、検察側は答弁書で「検出されなかった物質は、検出された他の物質に比べて発色力が弱く検出されなかった」と主張。これに対し弁護団は意見書で「検察側の説明では科学的合理的説明がつかない。犯行に使われた農薬は他の農薬だったと考えるほかない」としている。

 記者会見した鈴木泉弁護団長は「最高裁が再審開始決定を出すことを強く期待しているし、確信している」と話した。【式守克史】

【関連ニュース】
布川事件:再審確定 無罪の叫び 重い扉を開く
名張毒ぶどう酒事件:奥西死刑囚84歳に 名古屋で支援者たち「再審開始を」 /愛知
名張毒ぶどう酒事件:奥西死刑囚84歳に 名古屋で支援者ら「再審開始を」 /三重
布川事件:再審確定 無実の叫び、扉開く 「証拠隠し」許せぬ
生と死の間:「名張事件」の半世紀を問う/5止 獄中は常に死の恐怖

<陸山会土地購入>石川議員、手帳にホテル名 水谷側とずれ(毎日新聞)
自己判断で2割がタミフル服用中止(産経新聞)
小沢氏聴取 「事実上の被疑者」共産党・市田書記局長(産経新聞)
仲間の2少年 窃盗容疑で逮捕 警官に追われ転落死(産経新聞)
バレエ 15歳・佐々木さん3位に入賞…ローザンヌ国際(毎日新聞)
posted by カラサワ ケイジ at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連続不審死、女を埼玉の殺人容疑で再逮捕(読売新聞)

 埼玉県などで男性が相次いで不審死した事件で、埼玉県警は1日、交際相手だった東京都千代田区の会社員大出嘉之さん(当時41歳)に対する殺人容疑で、東京都豊島区の無職の女(35)(詐欺罪などで起訴)を再逮捕した。

 捜査関係者によると、女は昨年8月5日夜、埼玉県富士見市針ヶ谷の月決め駐車場で、レンタカーの助手席で練炭をたき、睡眠導入剤で眠らせた大出さんを殺害した疑い。

外相が米国務長官らに書簡=「核廃絶に反する政策求めぬ」(時事通信)
受験生も安心!? バナナが味方だ 栄養補給、免疫力アップ(産経新聞)
新一筆啓上賞の入賞作発表(産経新聞)
我こそは! 千葉都市モノレールが社長公募(産経新聞)
<陸山会事件>9億円は口座入金なし(毎日新聞)
posted by カラサワ ケイジ at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。